Web
Analytics

保育園で給食を作っています

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

自宅でとっても簡単な焼きいもづくり

今、注目度が上がっているスイーツは「焼き芋」です。

サツマイモをじっくり焼くことで最大限の甘みを引き出し、寒い冬に熱々の焼き芋を食べるのは今に始まったことではありませんね。

 

ところが、最近になって特に若い人の間で「焼き芋」が注目されているようです。

 

 

焼き芋が注目されている理由

焼き芋とは、文字通り「芋を焼いただけ」の料理です。

 

サツマイモの良いところ

サツマイモは食物繊維が豊富です。便秘の解消に一役買います。その他、血中コレステロールを低下させる働きもあるため、ダイエットにも良いとされています。

 

サツマイモをじっくり焼く

サツマイモをじっくりと焼く理由は、サツマイモに含まれているたくさんのでんぷんが糖に変わるためなのです。

じっくりと焼くことによって、さつまいも本来の甘さがスイーツ感覚の甘さに変身するのです。

 

焼き芋が女性に人気の理由

サツマイモそのものの品種は数多く存在し、品種ごとの甘さや食感、焼き上がりの見た目、色など様々な種類があります。

 

女性は、同じ食べ物でもいろいろな味を楽しみたいと感じることが多く、その上野菜であるサツマイモを何も加えず焼いただけという「食べてしまうことへの罪悪感を感じにくい」けれど「甘いものを食べたい欲求」を充分に満たしてくれる食べ物と言えます。

 

 

買いに行くのも良いけれど「焼き芋」を自宅で作ってみました

作り方はとっても簡単です。

①サツマイモを洗って水気を拭かずにクッキングシートで包みます。

 

②オーブンに入れて200℃で40~45分焼きます。

 
焼き時間は、芋の大きさによって加減してください。(今回は小ぶりのものを使用しました。)

 

③竹串で刺して固さを感じなければ焼き上がりです。

 

焼き上がりは↓こちらです。

f:id:metarumama:20201213130704j:plain

割ってみました!!

f:id:metarumama:20201213130922j:plain

トロリとしておいしいお芋でした。

さいごに

我が家ではおいしそうなサツマイモが手に入った時は必ず焼き芋にして食べています。包んでオーブンに入れて待つだけで簡単に美味しい焼き芋が食べられる ので、子どもたちもとても喜んでくれます。

 

本当は落ち葉をかき集めて作る焼き芋にもあこがれるのですが、今の時代なかなかそういったことは難しいですよね。(コロナのこともありますし…)それに、落ち葉で作る焼き芋は火加減など意外と難しいそうです💦

この冬は色々な種類のサツマイモを使って、自宅で簡単にできる焼き芋で食べ比べというのも良いのではないでしょうか?