保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

白いイチゴをついに収穫!【ベランダ菜園】

我が家には2019年10月頃から育てているいちごの苗があります。 

www.hoikuenchouri.work

 

この度、白いイチゴ【エンジェルエイト】が収穫できましたので、記事にしてみたいと思います。

 

 

エンジェルエイトとは

天使のイチゴとも呼ばれている可食部が白い(ほんのりピンク)のイチゴです。

 

家庭菜園用に開発された、うどん粉病にも強く、家庭菜園初心者でも育てやすい品種です。

 

収穫時期は5~11月と長いのも特徴です。

 

香りが強く、酸味と甘みのバランスが良いのです。

 

白いイチゴの収穫

実は今回初めての収穫ではありません。以前、すでに2個ほど収穫しています。この時は、(食べることに一生懸命だったため)うっかり写真を撮ることを忘れてしまったので、記事にすることはできませんでした。

今回も、わずかしか写真がないのですが、その分は言葉で捕捉したいと思います(;^_^A

f:id:metarumama:20200519092436j:plain

今回、大きくなったいちごは3個

 

んん?2個しかないぞ?

 

 いえいえ、写真を撮る前に1個収穫してしまったのです(´;ω;`)

 

その収穫した1個がこちら!

f:id:metarumama:20200519093029j:plain

不格好ですが、大きくなりました。

 

白いイチゴは、果実(粒々)が赤くなると熟したサインだそうです。

 

実は、イチゴの粒々は種ではなく、痩果(そうか)とよばれる果実なのです。

そして、普段実だと思ってい食べている赤い部分(白いイチゴの場合は白い部分)は花托(かたく)と呼ばれ、被子植物の茎が厚くなった部分です。

 

花托を食べる植物は、イチゴ・リンゴ・梨・イチジクなどがあります。

 

白いイチゴを切ってみました

それがこちらです。

f:id:metarumama:20200519102428j:plain

注*里芋の煮物ではありません💦

 

比較対象に、スーパーで買ってきた通常のイチゴを右側に置いて、白いイチゴは、4等分に切ってみました。

 

白いイチゴは中身も真っ白ですね!みずみずしさも伝わるでしょうか?

 

参考までに、以前撮った市販されている白いイチゴの写真↓ものせておきます。

f:id:metarumama:20200519111621j:plain

プロの農家さんが作ったいちごだけあって形もきれいですし、果実もそろっていますね。上手に作ると、このようになります。

 

実食!!

白いイチゴを切っているとき、香りの強さに驚きました。

通常の赤いいちごも甘くて良い香りがするのですが、白いイチゴはそれを上回ります。

 

イチゴを切っているときに手についた香りが洗ってもしばらく取れなかったくらいです。(別に構わないですけどね。)

 

そしてお味の方は…

 

子どもが食べても違いがわかるくらい、濃い味のイチゴです。見た目の色のせいもあるかもしれませんが、私はクリーミーな風味すら感じたのです。

酸味というより、甘みの方が強いイチゴでした。

 

これはお・い・し・い・!!

 

さいごに

白いイチゴはなかなか花が咲かなく、これまで取れたイチゴはまだ3個です。(+あと2個はとれそうです)花はもっと多く咲いたのですが、花托が大きくならずそのまま終わってしまたものも多かったのです。

収穫期はこれからのようなので、もうしばらく様子を見ていきたいと思います。

 

そしてもう一度書きます。

 

白いイチゴはクリーミーでおいしいです!