保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

給食職員の年度末から年度初めの仕事

年度末から新年度にかけて、給食職員も例外なく忙しい時期となります。通常の業務に加えて新年度に向けての準備もあるからなのです。

今回は給食職員の年度末から年度初めの仕事をまとめてみました。

 

 

通常の業務

f:id:metarumama:20200229163043p:plain

年度末だからと言って保育園は休むことはできません。預かりをを必要としている園児は年度末や年度初めなど関係はありません。保護者の皆さんは関係なしに働かれていますからね(*^_^*)

ですので、保育園自体は通常開園ですし、もちろん給食も提供します。通常の業務(調理や片付けなど)は普段とは何も変わりなくおこなわれています。

 

書類整理

f:id:metarumama:20200405115751p:plain

監査時に必要となる日報や調理指示書などの整理があります。書類には1~3年程度の保存期間があり、期間が過ぎたものに関してはシュレッダーなどで誰にも読まれることのないようにしてきっちりと処分しなくてはなりません。書類の中には園児の情報になるものも含まれますので、責任を持って処分することが義務付けられています。

 

1~3年保存となっていても、今後の見直しに必要とされるものである場合は決まっている年数以上に保存する場合もあります。決められている期間はあくまで最低限の保存年数ですので、何でもかんでも処分してしまうのではなく、今後も必要そうなものとそうでないものを分別する必要もあるのです。

 

 

食器や調理器具の再確認

f:id:metarumama:20200318205551p:plain

食器の数は次年度の園児数に足りているのか、調理器具は揃っているのか、または破損等で使用できないものはないか?などの再確認をします。

破損等で数が足りなくなってしまった場合には、何がいくつ足りないのかを調べて、新たに購入しなくてはなりません。

そして、購入して届いた食器や調理器具の洗浄消毒もおこなっておきます。

 

作業動線の再確認

常に行っていることでもありますが、新年度に切り替わるタイミングでも、もう一度確認しています。

  • 作業するうえでの不便な点、改善点
  • 食器や調理器具は取り出しやすい位置にあるか
  • 冷蔵庫や冷凍庫、食品保管庫などが使いやすいように整頓されているか
  • 場合によっては作業台などの配置換えが必要か
  • 効率よく作業ができるように新たに取り入れたほうが良いものがあるか

などを給食職員同士で意見を出し合います。

「こうしたほうが良い」「あーしたほうが作業しやすい」など、次年度に向けてより良い方法を話し合うこともあります。

 

次年度に向けての園会議の参加

f:id:metarumama:20200405121757p:plain

保育士、給食職員全員が集まる会議への参加もあります。職員全員が集まる場となりますので、保育園が終わってからの時間帯になることもあります。この会議に参加して、次年度の園全体の目標や保育の進め方などの確認もしていきます。

保育士などの入れ替わりがある場合は、この場で紹介もされます。

 

新職員への引継ぎ、仕事を教える

残念ながら何かしらの理由で職員に欠員が出ることになってしまうと、次の職員に業務の引継ぎをすることになります。

引継ぎ自体は辞めていく職員が主だって行いますが、その後の現場仕事は残された職員と行うことになりますので、残った職員は新しい職員に対して仕事を教えていかなくてはなりません。

仕方のないことですが、新職員は始めのうち、調理器具の場所さえわからない状態ですので、ある程度慣れるまではすぐにフォローができる体制で業務をしていかなくてはなりません。

ですのでこの時期は特に「一度に2つ3つのことを同時進行している」という事も珍しくない状態となります。

 

 

次年度入園してくる園児の情報を知る

  • 食物アレルギーを持った子はいないか
  • 乳児であれば離乳食の進み方はどうか
  • まだミルクを飲んでいるのかどうか(粉ミルクの管理は給食職員です)

など、新規で入ってくる園児の情報を知っておく必要があります。

保育園では、3月31日までいなかった子が4月1日から登園してくるようになります。私たちも慌てないように前もって準備をする必要があるので、年度末までには保育士と園児の情報を共有するのです。

 

さいごに

次年度に向けて2月の終盤から3月いっぱいまでにかけて慌ただしくなります。

 

在園児も進級することで、保育室自体も変わりますし、担任も変わります。退園、転園する子や、新入園してくる子の情報も早々に入ってきます。ですが、その情報を保護者や子どもたちに漏れないように…けれども次年度に向けての準備もしなくてはならないので、精神的に結構ハードな時期となります(;'∀')

 

加えて、令和2年度はコロナ騒動もあります。人が集まる行事(入園式など)の縮小開催か中止かの決定も慎重になっていたり、手指の消毒徹底やマスクの着用必須など、いつも以上に気を使わなくてはならない事まであったりします。

今後、園外保育や参観会などの行事も控えています。これらは給食職員も関係した行事になりますので、まだまだこの先、コロナの状態によっては延期?中止?縮小して開催?など、振り回されてしまうんだろうなと感じています。

 

早いところ落ち着いて、平和な日常が戻ってくると良いなと思っています。