保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

「ひなまつりちらし」と「ひなゼリー」を作りました

本日3月3日は保育園でも「ひなまつり会」をおこない、給食もひなまつりを意識した食事を作りました。

 

 

本日の給食

  • ひなまつりちらし
  • 鶏の照り焼き
  • ブロッコリーのおかか和え
  • 麩のすまし汁

午後のおやつ→ひなゼリー

 

今日は、「ひなまつり」にちなんで、かわいい春色のちらし寿司でした。にんじんやいんげん、しいたけなどの野菜もたくさん入っていましたが、混ぜ込んであるため、子どもたちも食べやすくなっています。

おかずは人気の「鶏の照り焼き」と、これまた人気の副菜「ブロッコリーのおかか和え」です。どちらも子どもたちは大好きです。

「麩のすまし汁」は当初「まり麩」で作る予定でしたが、買い出しに行った際、近隣のお店はまり麩が品切れ状態だったのです。皆さんご家庭で、ひな祭りの料理の準備をされているのかな???とおもいました。

今回はひし餅色の3色入った、ハートのお麩があったので代用しました。(これはこれでかわいい!!)

 

ひなまつりちらし(子ども一人分)

材料

  • 寿司ごはん  100g
  • にんじん   20g
  • 干ししいたけ 5g(戻したもの)
  • 油揚げ    5g
  • いんげん   10g
  • しらす干し  10g
  • しょうゆ:砂糖 1:1で合わせる      

 

  • でんぶ    適量
  • コーン    適量
  • 刻みのり   適量

 

作り方

①ご飯は少し硬めに(水加減を少なめにして)炊く。

 

②にんじんは千切りにし、干ししいたけは細かく刻み、油揚げは細切りにし、いんげんは小口切りにする。

 

③②としらす干しを下茹でした後、しょうゆと砂糖を合わせたもので味付けしながら炒める。

 

④ご飯が炊けたら、ご飯が熱々のうちにすし酢と合わせ、粗熱が冷めたら③を合わせ、さらに混ぜこむ。

 

⑤お皿に④を盛り付け、コーン・でんぶ・刻みのりで飾り付けて完成です。

 

すし酢の作り方

スーパーなどでは、ご飯と混ぜるだけで簡単に酢飯を作ることのできる「すし酢」もありますが、簡単に作ることもできます。

 

以下、2~3合分です

①鍋に酢60g・砂糖30g・塩15gを入れる。

②①を火にかけ、砂糖、塩を溶かしながら一煮たちさせたら出来上がり。

 

ひなゼリー

ひし餅をイメージしたゼリーです。

  • ピンクは、いちごゼリー
  • 白は、カルピスゼリー
  • 緑は、グリーンアップルゼリー

です。時間差で重ねながら固めることで3層のゼリーができました。大きなバットで作り、ひし形に切り分けることでひし餅感がアップしました。

おまけに、ハート型に切ったいちごがのっています。

 

子どもたちの様子

  • 普段給食ではあまり出ることのない「すし飯」に戸惑っている子もいました。ですが、普段から酢のものも食べているため、完食できる子は多かったです。
  • すまし汁の中のハートの「色」に喜んでくれる子もいました。やっぱり女の子には「ピンク」が人気ですね。
  • ゼリーも元から人気のおやつですが、3色のゼリーでしたので、「味のあてっこクイズ」のようなおやつの時間となりました。(緑をメロン味と言い張る子もいました 笑)