保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

重くないあっさりとした 生風ベイクドチーズケーキ

今回は、スプーンで簡単にすくって食べることのできるくらい柔らかくて、だけどちゃんとしたベイクドチーズケーキをご紹介します。

たくさん食べてもくどさを感じにくく、割とあっさりした仕上がりになります。

 

 

生風ベイクドチーズケーキ(作りやすい分量)

用意するもの

  • クリームチーズ  200g
  • 砂糖       60g
  • 溶き卵      2個
  • ヨーグルト    200g
  • 薄力粉      60g
  • 重曹       1g
  • レモン液     15g
  • サラダ油     20g

 

作り方

①クリームチーズを室温で柔らかくし、木べらで練って滑らかにする。

 

②ホイッパーに持ち替えて、溶き卵とレモン液を入れ、混ぜる。

 

③ヨーグルト、砂糖、ふるった薄力粉&重曹を入れて混ぜ、サラダ油を入れてさらに混ぜる。

 

④オーブンシートを敷いた天板に生地を流しいれ180℃のオーブンで40分焼く。

 

⑤出来上がり。

 

断面はこちら。

 

 

 

一口メモ

  • クリームチーズは柔らかくしておいた方が作業が楽になります。室温に置いて置く時間がない場合は、電子レンジで30秒ほど加熱しても柔らかくなりますが、加熱のしすぎには気を付けてください。
  • 今回は重曹を使用しています。製菓用品の売り場で手に入れることができます。
  • 重曹は、酸と反応して炭酸ガスを発生させます。この炭酸ガスのおかげでふわふわの食感が得られます。(酸はレモンとヨーグルト)
  • 通常のチーズケーキでは生クリームを使用しますが、今回はヨーグルトに置き換えました。それによって、重すぎずあっさりとしたチーズケーキが出来上がりました。

 

今回のチーズケーキの特徴

かたさ

このチーズケーキはスフレではありませんが、とても柔らかいのでスプーンでも簡単に食べることができます。

 

生クリームは使用しないで、ヨーグルトを使ったことでさっぱりしたチーズケーキとなり、何個でも食べられそうなチーズケーキには珍しく軽い食感になります。

 

焼き立ては・・・

焼きあがって、冷やす前に食べると、味はチーズケーキですが焼きプリンを食べているような食感が楽しめます。生ベイクドチーズケーキ…といったところでしょうか???(ややこしいですね 笑)

 

冷蔵庫で冷やすと・・・

一般的なチーズケーキは固く締まってしまい、チーズの濃厚感が増しますが、今回のチーズケーキは、柔らかさはほぼそのままであっさりとしたケーキとなります。ですがきちんとチーズの風味もあります。

 

カロリー

今回のチーズケーキは、生クリーム200gをヨーグルト200gに置き換えて作ったので、この部分だけでも約880kcal→約125kcalに抑えることができています。

後大きく違う材料としては、バターをサラダ油に変えたことです。ここでは、約150kcal→約185kcalに増えてしまっていますが、全体量ではかなりのcalオフとなっています。