保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

「おこわ」を炊飯器で作ってみました

前回使用したもち米の残りを使って、「おこわ」を炊いてみました。

 

 

おやっさん家のおこわ (3~4人分)

用意するもの

  • もち米   1.5合
  • うるち米  1合
  • しょうゆ  40g
  • 和風だし  5g

具材

  • にんじん  50g
  • ごぼう   50g
  • 焼き豚   50g
  • ちくわ   1本

写真には写っていませんが、お好みで刻みのり、ネギなどがあってもおいしいです。

 

作り方

①具材を千切りかみじん切りに切る。(お好みでどちらでも良いです。)

 

②うるち米はといで、もち米は優しく洗います。ですが、うるち米の量がたいしてないので、我が家ではもち米と一緒にして共に優しく洗います。

 

③②を炊飯釜に入れ、調味料を入れてから水を指定の目盛りに合わせて入れる。

今回は合計2.5合なので、「おこわ」の2と3の間くらいに水量を合わせました。

 

④具材を入れてならし、すぐに炊飯します。

具材が多かったので、少し水分量を足そうか悩みましたが、今回はそのまま炊くことに…。

 

⑤炊き上がりました。ネギを混ぜ込んで、刻みのりを飾ってみました。

水加減は足さなくてよかったです。足してしまっていたら、べちゃべちゃになっていたかもしれません…。

 

おこわを炊くときのもち米の割合

うるち米を多くすると、通常の炊き込みご飯のようになってしまいます。ですが、もち米だけで炊いてしまいますと、モチモチしすぎてしまいます。

多くのレシピではうるち米1:もち米2~3です。この割合が黄金比かもしれませんね。

 

今回、我が家のおこわはうるち米1:もち米1.5でしたが、おいしく作ることができ、モチモチ感もちゃんとありました。

 

 

おこわと炊き込みご飯の違い

f:id:metarumama:20191215122143j:plain

では、おこわと炊き込みご飯の違いとは何でしょう?

先にあげたように、うるち米を使用して作るか、もち米を使用して作るかという違いもあります。

もう一つは、炊いて作るか、蒸して作るかという違いです。

現代では炊飯機で作ることもできるようになった、炊き込みご飯やおこわですが、昔はかまどで炊き上げたり、蒸しあげたりしていたのです。

中でも、蒸し上げる作業は手間のかかるものでした。晴れの日のごちそうとして時間と手間をかけて作っていたのです。