保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

【簡単!卵不使用】保育園のきなこクッキー

今回はたまごを使わずにサクサクほろほろ香ばしく、しかもとっても簡単なクッキーの紹介です。子どもたちはきなこが大好きです。

このブログ内でも過去にきなこのおやつをいくつか紹介してきました。

  

 

 

今回は子どもも大人も大好きなクッキーの作り方です。

 

目次

 

きなこクッキー (約15~20枚分)

用意するもの

 

薄力粉  75g

きなこ  25g

(ここまでは一緒の器に量っておいてOKです)

バター  55g

砂糖   25g

(この2点は大きめのボウルに量ります)

 

作り方

①バターは室温に戻し、柔らかくなったら砂糖と混ぜ合わせてクリーム状にする。

 

②①に薄力粉・きなこを入れ、全体をなじませるように混ぜる。 

 

③全体がなじんできたら、ひとまとめにする。 

 

④ラップにくるんで形を作り、(写真ではなんとなく四角になっています)冷凍庫で冷やす。

 

⑤凍った④を取りだし、室温で少し溶かして包丁で5mmくらいの厚さにカットします。

 

⑥オーブンシートを敷いた天板に少し離しておき、180℃のオーブンで15分焼く。

(機種によって設定温度や時間が若干変わると思います。調整してください。)

 

⑦できあがり!!

 

 

 

一口メモ

  • はじめにバターと砂糖を混ぜ合わせることによって非常に作りやすくなります。砂糖の固まったところもつぶしながらきれいにつぶしながらきれい合わせることができます。
  • 薄力粉ときなこは混ぜ合わせたほうが作業はしやすいかもしれませんが、家庭で作るくらいの量であればそこまでしなくてもちゃんと混ざり合うので、作業の手間は省きましょう(笑)
  • 冷凍庫から生地を出した時にすぐにカットしてしまうと、生地が割れてしまいます。↓

    凍った生地は溶けてしまってもダレてしまうことはありません。むしろ柔らかくなって切りやすくなるうえ、割れなくなり、きれいにカットできるようになります。
  • このクッキーの生地は焼くときに少し広がりを見せます。天板に焼くときには少しゆとりをもって並べると良いです。

 

アイスボックスクッキーにする理由

今回のクッキー生地は冷凍庫で凍らせました。いわゆる『アイスボックスクッキー』といわれるものです。

このクッキーは粉類をバターでまとめています。そのため、バターの量が多めです。バターの量が多いということは、形成がしづらいということです。型抜きにしても絞り出しにしてもこの固さですと作業がやりづらいのです。そして保育園では、決められた時間内に大量のクッキーを作らなくてはいけません。短時間で多くのクッキーを作ろうとする場合は、アイスボックスクッキーにすると段取りを組みやすくなり、手際よく準備することができるのです。