保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

給食調理員のはてな???どんな仕事をしているのでしょうか?

今回は、保育園給食調理員についてのあらましを記事にしてみたいと思います。

 

目次

 

給食調理員の人数

小規模園(18~45名くらい)では、一人で調理をします。

保育所は、定員人数にもより調理員の人数は変わってきますが、おおむね2~4人で

あることが多いです。

そのうち、正社員は1~2名、残りは短時間パートであることが多いです。

 

保育園給食で働くにあたっての資格等

必ずしも資格が必要ではありません。

ですが、以下のことに気を付ける必要があります。

 

小規模園

小規模園では、普通に家庭料理が作れるスキルがあれば、調理自体問題はありません。

ですが、一人調理が多いのでわからないときに頼れる人がいません。

役所がらみの書類も書き溜めなくてはいけません。

子どもたちに対しての食育計画も自分で立てなくてはいけないため、保育士さんとコミュニケーションが取れる人でないと務まりません。

保育園の給食の仕事でも、今の時代パソコンは必須です。

最低、入力操作ができないと、つらい思いをするでしょう。

 

保健所の立ち入りや、役所の監査も自分で対応することになります。

系列の保育施設がある場合には、統括する栄養士さんがいて、

書類系や保健所の立ち入り・役所の監査をしてくれる場合もありますが、

小規模園で調理の仕事をする場合には、一通りの書類関係を把握する必要が出てきます。

 

保育所

大きい保育所になると、回転窯やスチームコンベクションなど、

給食施設ならではの機材もあり、一度に作る量も家庭とは比べ物にならないくらいの

ものになります。

 

ですが、複数人で作業を行うので、困ったこと、わからないことは近くにいる人

に聞きやすいです。

3人いれば文殊の知恵・・・ではありませんが、お互いアイディアを出し合って

意識を高めあっていけるメリットもあります。

 

保健所関係、監査についての知識も必要になります。

保育所では、『栄養士』を一人は置いているところが多いです。

栄養士設置は努力義務であって、必須ではありません。)

 

栄養士がいる園では、書類関係を栄養士さんで管理していることが多いです。

なので、必ずしも書類関係のすべてを知る必要もなくなるのですが、

いつ何があるのかわかりませんので、ある程度の知識は必要と感じます。

 

衛生管理

知識としては必ず持っておきたいことです。

大勢が食べる給食です。食中毒を出すわけにはいきません。

衛生関係の知識は必須です。

 

あると良い資格

栄養士・調理師・管理栄養士など、調理と衛生の両方の勉強をして得られる国家資格です。このどれかの資格があると、保育所で働くには有利になります。

ですが、正規職員として働きたい場合には栄養士か管理栄養士を持っているとかなり優遇されます。

すぐに現場に入って調理ができる、即戦力が好まれる傾向にあります。

 

 

 

主な仕事

f:id:metarumama:20190426075127j:plain

  • 給食、おやつを作ること
  • 日報などの書類作成
  • 子どもを対象とした食育活動
  • アレルギー児の献立作り・調理・状態の管理
  • 離乳食作り・段階の管理
  • 食材の調達・管理(発注・買い出し・検収作業)
  • 給食会議の出席
  • 園内会議の出席
  • 保護者向けのおたより作成
  • 調理室内の掃除
  • 子どもが食べる様子を見ながら嗜好調査する
  • 乳児ミルクの調達
  • 保育士との打ち合わせ
  • 保育の手伝い(たまに)

 

調理員、一日の流れ

8時  出勤 自身の健康チェック 水道水の水質検査 

    冷蔵庫・冷凍庫の温度チェック 野菜の下準備 お茶を沸かす

 

9時  園児の人数確認 乳児クラス午前のおやつ準備

    お散歩ぽ用のお茶準備 昼食調理開始

 

10時 随時、業者からの納品の対応をしながら調理

 

11時15分

    乳児クラス配膳

 

11時半

    幼児クラス配膳(クラスでお手伝いあり)

 

12時 保育室で子どもたちと昼食(調理員は少し遅れていただきますします。)

 

13時 片づけ ひと段落したら休憩 栄養士は書類関係

 

14時 午後のおやつ作り 

 

15時 おやつ提供

 

16時 片づけ・掃除 栄養士は書類関係

 

17時 帰宅

 

 

栄養士は、空き時間を探して献立作成や書類作成もこなします。

調理師でおやつ作りができるときは、まとまった時間を取ることもできますが、

それでも時間に追われる仕事のため、なかなかハードです。

 

調理師は、食事と休憩以外は立ち仕事であるため、体力勝負です。

時間によっては一息つけるときもありますが、それも短時間です。

こちらも基本、時間に追われています。

 

どうしたら保育園で調理の仕事ができるのか?

こればかりは運です。

自分の住んでいるところの近くで求人があればラッキーです。

資格は特に必要ではないのですが、多くの園では正社員では栄養士を、

パートでも調理師の資格を求めます。 

私自身、調理師は持っていますが栄養士を持っていないためもあって、

正社員で雇ってくれるところを探せませんでした。(現在も社保パートです。)

資格の差は仕方ないとは思いますが、モチベーションは損なわれますね…。

 

そして、保育園給食の募集は非常に少ないです。1つの園に3~4人しかいない

職種なので、自然とそうなるのですが…。保育士と比べても、狭き門にはなります。

 

調理補助であるならば、資格なしでもある程度の調理ができれば採用される可能性はあります。

 

面接時に、

「調理の仕事をしながら調理師の資格を取りたいです。」

と訴えるのも一つです。

(調理師は、専門学校を卒業する(無試験)か、給食施設・飲食店などで週4日以上かつ6時間以上2年間働き、勤務先の責任者に実務経験証明書を発行してもらって試験に合格することによって資格が与えられます。)

 

 

まとめ

保育園で勤務している調理員はごく少数です。しかもほとんどがパートです。

ですが、どの園にもなくてはならない存在です。

立ち仕事で、体力勝負な仕事ですが、

かわいい子供たちの身体を大きくする食事を作るという特権もあります。

 

時間に追われる仕事ですが、逆に言うと

あっという間に一日の仕事も終わってしまいます(笑)

 

子どもと料理が好きな人にとっては、この上ない職業なのです。