保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

キュウリ初収穫!!

いよいよ実がなったと言っても過言ではないキュウリ。

さて一体どのように成長したのか。今回も写真に収めました。

 

目次

 

7月16日

キュウリ

どうですか。いよいよキュウリです(笑)推定10㎝ほどになりました。結構立派になってきました。花はまだ咲いているように見えますが、ちょっと元気はなくなりつつあります。そして気が付くと、写真奥にもう一つキュウリが育ちつつあります。せっかくなので、2ショットで撮りました。

この調子ならば、あと1日2日くらいで収穫できそうです。

 

ニンジン

相変わらず変化に乏しいニンジンです。ひょろひょろ過ぎて自立しないことが悩みです。

 

ニンジンの発芽の難易度

あまりにもニンジンに成長が見られないため、心配になり少し調べてみました。

すると、二ンジンは発芽が難しいと書かれていました。

「え?発芽させること自体が難しいのか…。」

と驚いていると、そのあとに発芽させることができればあとは大丈夫とも書いてありました。少し希望が持てました。

 

7月18日

キュウリ収穫

ジャジャ~ン!!見てください!

家庭菜園で私が育てたにしてはまあまあ立派なキュウリになりました。

すぐ後ろのキュウリも順調に育っています(*^_^*)

 

キュウリは一晩の成長が大きい植物です。明日に収穫を延ばすと大きくなりすぎてしまう可能性もあるため、ついに本日初収穫です!!

 

上の子ちゃんが「収穫したい!!」と立候補してくれたので、お任せすることにしました。

文具用のはさみで(笑)収穫です。子どもたち(と私)は大喜びです。

「早く食べたいな~~~」

子どもたちのご飯はまだかコールがおさまりません(;^_^A

 

ということで早速調理・・・・

と思ったのですが、一応長さの測定をしました。

 15㎝位のつもりで収穫したのですが、なんと20㎝まで成長していました。今日の収穫で正解でした…。

 

↓とれたて新鮮な証。切り口から水分が出てきました。

キュウリのみずみずしさが伝わるでしょうか?

そして、キュウリのとげとげが新鮮が故、鋭く結構痛いです。

 

いよいよ晩御飯の一品に…

とりあえず我が家産のキュウリの断面です。

キレイ!!(自画自賛)

子どもたちは今にも食べてしまいそうです。「もうちょっとだけ待ってて」とお願いして写真に撮らせてもらいました。

 

今回は初回ということで、スティックキュウリとして食べることにしました。

ソースは即席です。ゴマみそマヨソース・キムチマヨ・ケチャップマヨの3種で用意しました。

 

ゴマみそマヨソース

マヨネーズ:みそ:さとう:しょうゆ

6:1:2:1  くらいの割合で混ぜ、ごまを少々入れました。

お好みの配合で作ることができます。

みそ、しょうゆの入れすぎには気を付けてください。

 

いただきま~す!!

子どもたちは何よりも先にキュウリに手が伸びました。

「おいしいよ、お母さん!!」

と、とても喜んで食べてくれました。あっという間に1本完食です。

下の子君は、

「もっと食べたかったな…。」

と、残念そうにしていました。

 

ちなみに子どもたちのお気に入りソースはゴマみそマヨソースでした!!

(結局どのソースも完食だったのですが…笑)

 

キュウリの味は、普通のスーパーで売られているようなキュウリと変わりありませんでした。

 

最後に

約1か月という短い期間で、収穫までたどり着きました。今週末には、下の子君お待ちかねの2本目の収穫もできそうです。

 

キュウリを育てる前に、上の子ちゃんが

「となりのトトロのさつきとメイが食べているようにキュウリの1本丸かじりをしてみたい。」

と言っていたのですが、実際取れたてのキュウリを見たときにとげの強さ

「痛そうだね…」

とちょっと怯んでいました。確かに…!

 

勤務先の保育園では、大きなキュウリが2本しか取れませんでした。さて、我が家のキュウリは何本取ることができるのでしょうか?楽しみです。

 

 

続きはこちらです↓