保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

3種のホットケーキを作ってみました

今日は、少し実験をしてみました。

先日の記事で、「ヨーグルトをホットケーキミックスに混ぜると炭酸ガスの影響で、卵なしでもふわふわに仕上がる」と書きました。

ところが、実際に両方を同時に作って比較することはなかなかありませんでした。

 

そこで、今回は思い切って3パターンのホットケーキを作って比較したいと思います。

 

目次

 

 

用意するもの

A

ホットケーキミックス  50g

ヨーグルト       50g

 

 

 

B

ホットケーキミックス  50g

水           50g

 

 

C

ホットケーキミックス  50g

卵           50g

 

 

今回は、純粋に比較するためだけなので、粉と混ぜるものはすべて同量にして、通常入れるほかの材料(砂糖やバターなど)はあえて入れませんでした。

 

 

A ヨーグルトバージョン

作り方

①ミックス粉とヨーグルトを混ぜます。結構ぽってりした生地になりました。

 

②フライパンで焼きます。

 

③両面焼けたら出来上がり。断面はこんな感じです。

見た目ふわっと感があります。

 

 

実食

出来上がってすぐ食べると、上あごにくっつく感じがあります。ですが、冷めたころに食べると、ふわもっちりの食感になります。実は、この配合だけでもおいしく食べられるという発見もありました。

 

 

B 水バージョン

作り方

①ミックス粉と水を混ぜます。1:1で混ぜると、結構サラサラな状態の生地になりますね。パンケーキ生地くらいの状態でしょうか…。

 

②フライパンで両面焼きます。ヨーグルトの時よりぱっと見がきれいですね。

 

③出来上がり。断面はこんな感じです。

写真を通しても、ふんわりというよりもっちり感が伝わると思います。

 

 

実食

上あごにくっつく感じはあまり感じられませんでした。

もっちりとした食感です。実は、この水バージョンも私は好きです。朝食にそのまま食べたいパンケーキです。ただ、ふんわり感は・・・・ほぼありません。

 

 

C 卵バージョン

作り方

①ミックス粉と卵を混ぜる。(混ぜているところの写真を忘れてしまいました。)

 

②フライパンで両面焼きます。生地の固さは、上2つの間くらいですね。

 

③出来上がり。断面です。3つの中で最もふんわりしています。

色合いもカステラみたいですね。

 

 

実食

ふんわりはしていました。しかし、3つの中で最もパサつきもありました。膨れてはいるけれど、少し重い感じもありました。スコーンに近い状態です。

ふんわりすると同時に、水分も抜けていっている印象です。

もちろん今回は卵しか入れていませんので、ここに油分と水分(牛乳や水)が入れば、通常のホットケーキができます。

 

 

 

3種類を比べて・・・

卵に対するアレルギーの心配がない場合には、卵を入れてホットケーキやパンケーキなどを焼くことをお勧めします。やっぱりこれが一番おいしいです。(卵以外の材料も入れてくださいね。)

 

作った後すぐに食べない場合には、ヨーグルト入りもおすすめです。砂糖がなくても、優しい甘みを感じるので、そのまま食べることもできます。ふんわりともっちりの両方の食感も楽しめます。

 

意外とおいしいのは、水だけバージョンです。もっちりが好きな人にとってはうれしいパンケーキが焼けます。どちらかと言えばおやつというより食事っぽい仕上がりです。

 

 

私の中で、あえて今回の3種類の順位をつけるのであれば、

1位 ヨーグルト入り

2位 水(1位と僅差です。)

3位 卵

でした。