保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

災害時の保育園給食

突如の震災、自然災害が発生したとき、保育園自体が被災している場合は休園になることもあります。

しかし、保育園の建物が無事であり、出勤できる保育士が確保できれば開園する場合もあります。こればかりは状況次第…なのですが…。

 

では、その場合は給食の提供はどうなるのでしょうか?

今回は災害時の給食についてのお話です。

園によっての違いはありますので、あくまで一例としてご覧ください。

 

目次

 

被害が何もない場合

園者や給食設備に特に被害がない場合は、通常通り給食提供ができる給食提供が可能性が高いです。ただし、道路状況によっては、食材の納品時間に影響があるため、献立自体の変更もしくは、提供時間の変更等はあるかもしれません。

 

 

停電が起きてしまった場合

前日の閉園後から当日の開園までの間に停電が起きてしまった場合、冷蔵庫食材に悪い影響を与えている場合があります。

当日に業者からすべての食材を納品してもらえる園は良いのですが、多くの園では時間の関係上前日に納品にしてもらっていることが多いのです。

停電によってすぐに野菜がどうこうはなりませんが、肉魚類・乳製品等は100%廃棄になってしまいます。

そうなりますと、給食を作ることがほぼ不可能になります。

開園時に通電していれば、ご飯は炊けます。(ガス釜の園はガスが止まっていなければ)ご飯は炊けるので、汁物を作って軽食という形での提供は可能になります。

 

もちろん園によっての対応は違いがあります!

 

 

停電が継続中

開園時、停電が継続中の場合、そもそも保育園自体が休園になる可能性も大きいのですが、今回は保育園は開園する体で書きたいと思います。

 

停電をしているということは、冷蔵庫も止まっていますし、ご飯も炊けません。ガスが使える状況であれば、鍋でご飯を炊くということもできますが、近年火災のリスクを減らすために、IHコンロの園も増えています。(私の勤務先もそうです)

 

IHで停電…何もできませんね。

 

そういった場合は、缶詰や防災食(フリーズドライフード)での提供になるか、お弁当を持参してもらうことになってしまいます。

 

 

断水

仮に電気もガスも使えても、水が止まっている場合には残念ながら給食提供は不可能になります。園自体も閉園の可能性が高いです。

 

まず、衛生問題です。

  • 手も洗えない
  • 調理器具やお皿も洗えない
  • もちろん食材も洗えない
  • トイレも流せない

安全な給食提供はできないですし、衛生的な保育も不可能になります。

 

 

南海トラフ大地震に備え

東海地方太平洋側を中心に、南海トラフ地震が懸念されています。自治体にもよるところもありますが、静岡県では地震注意情報が発表された段階で、保育園は閉所になる可能性が高いです。

自宅にいるときは登園しないで自宅待機になります。在園中に発表された場合には、順次保護者に引き渡しするようにと県で決まっています。

 

 

さいごに 

今回は、給食提供を可能な限りすることを前提のお話でした。

もちろん災害時は、保育園そのものが被災している可能性もありますし、職員の家庭が被災している場合もあります。保育園が必ずしも開園できる状態ではないのです。

ですが、なるべく保護者の負担を軽くするために、ある程度の想定もしているのです。

 

一番よいのは、非常事態が起こらないことなんですけどね…。

 

そして最後にももう一回!各園、必ず備蓄食はあります。災害時でも食事の提供を可能な限り行えるように準備はしてあります。

 

しかし、園によって対応は違います。(自治体の指導の違いによるところも大きいです)

 

気になる方は、各園に問い合わせされることをお勧めします。