保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

家庭菜園始めました!!

我が家のベランダに食育用教材?としてキュウリの苗とニンジンの種を植えました。

狭いベランダなので、プランター栽培です。

 

 

目次

 

 

準備したもの

プランター(100円ショップで200円でした)

排水溝ネット3枚(鉢底ネットの代わりです)

土 14リットル

キュウリの苗 ニンジンの種

水やり用のペットボトル

支柱(上の子ちゃんが1年生の時に学校で使用していたものです)

 

 

実際に植えてみました

排水溝ネットを敷く

プランターに排水溝ネットを敷きます。

本来は鉢底ネットというものを使用するのですが、少し予算削減しました。

 

ネットを敷く理由は、

  • 土が底から流れ出ることを防ぐこと
  • 害虫の侵入を防ぐ
  • 水はけをよくする

ということだったので排水溝ネットでも大丈夫ではないか?と感じました。

 

 

土を入れる

プランターに土を入れます。

60×21×17㎝のプランターに14リットルの土でちょうどよかったです。

 

土を入れたら、水をかけ土全体を湿らせました。

 

 

苗・種を植える

プランターの土に穴をあけ、苗ポットに入っている苗を根を痛めないように土ごと取り出し、プランターに移します。優しく土をかぶせ、植えました。

 

合わせて、種で購入したニンジンも浅めに植えました。

 まだ支柱は必要なさそうですね。

さて、どれくらいで成長するのでしょうか?楽しみです。

 

 

なぜキュウリとニンジンを選んだのか?

種から植えると育つまでに待ちきれない可能性があることと、うまく育たないかもしれない可能性があることで、キュウリは苗から育てることにしました。

きゅうりにした理由は、初心者でも育てやすいことと、単純に食べたい野菜だったからです。

 

ですが、やっぱり種からも育てて、「芽が出たね」「葉っぱが大きくなったね」というくだりもしたいことから、ニンジンは種での購入にしました。

にんじんを選んだ理由も、単純に食べたいからということと、職場の保育園でも近々、ミニニンジンを植える計画を立てているので、予習にもなるかな?ということで、我が家でもチャレンジすることにしました。

 

 

キュウリの品種

 

失敗知らず・・・のフレーズで決めました!

 

 

ニンジンの品種

本当はミニニンジンを探していたのですが、私が探していたところでは販売されていなく、仕方なく一番安かった100円ショップ2個100円の商品にしました。

写真の撮り方が下手なのはご愛嬌で…。

 

普通によくあるニンジンです。

ちょっと調べると、間引きした時の小さなニンジンも食べることができるそうです。これなら、もったいなくはないですね。

 

と、いうことで我が家で育てる野菜は決まりました。

 

 

まだまだ育て始めたばかりです 

実は、これらを植えたのはまだ1週間前のことです。

まだまだ始まったばかりなのです。

このブログで、野菜の成長の記録を追っていきたいと思います。

(専用のカテゴリーも作成しました 笑)

できれば、収穫、調理まで載せることができるといいな~と思っています。

 

↑食べる気満々ですね…。

 

 続きはこちら↓