Web
Analytics

保育園で給食を作っています

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

新型コロナウィルスが猛威を振るい始めてからおよそ3年「保育園の食育活動の今 マスクは必須ではないだろうか」

新型コロナウイルスが猛威を振るい始めてからおよそ3年がたとうとしていますが、いまだに「コロナ前」の生活に戻る気配は感じられません。

ワクチン接種は進んでいるものの、「コロナ感染を防ぐもの」ではないため、根本的に終息へ向かっているという感じには思えないのも理由の一つではないかと思っています。

 

私の仕事は、保育園で給食を作る仕事ですが、ただ給食を作るだけではなく、子どもたちへ「食の大切さ」を教えることも給食職員としての大切な仕事です。いわゆる「食育活動」です。

 

しかし、新型コロナが流行しだしてからは、食育活動にも制限が出てしまいました。

  • 不特定多数の子が食材に触れるクッキングの見送り
  • 1か所に集まること自体も敬遠されるために、密になりやすい活動の自粛
  • 「話さない」「マスクをとらない」「遠くから見ているだけ」の活動

正直、これでは保育園での「食育活動」はほぼ不可能と思われました。

 

もちろん、保育園で一番大事なのは「子どもたちの命」ですので、活動の制限はやむを得ないと思います。リスクは最小限にしたいですもんね。

 

そして3年経った今では、「リスクは最小限に、でも食育活動はおこないたい」という園の意向によって少しづつではありますが活動を再開しています。

www.hoikuenchouri.work

www.hoikuenchouri.work

 

私の勤務先の園では、給食調理員からの提案で食育活動をおこなうこともありますが、基本的には「担任保育士からの提案による活動」をおこなうことにしています。

と、言うのも、「子どもたちのことを一番理解している」「今、子どもたちがどんなことができるかわかっている」担任保育士からの提案が「子どもたちに経験してほしいこと」につながるからです。もちろん給食職員も一緒に活動をおこないますが、あくまでサポートにすぎません。主は子どもたちと担任です。

 

クラスによって子どもたちの年齢や性格、できること・できないことなども異なるため、活動の進め方も、「担任保育士の方針」が強く、同じ園内であっても同じような活動をおこなうことはまずありません。

  • なるべく密にならないように、でも子どもたちも参加型の食育活動をおこないたいクラス
  • 担任保育士が簡単に進めていき、さっと終わらせたいクラス
  • 1クラスでもグループ分けをして日にち違いで食育活動を進めたいクラス
  • 月齢の大きい子を優先に活動をするクラス(乳児)

など、私たち給食職員からすると担任保育士の意向をしっかりと組む必要がありますので、新型コロナが流行する以前と比べても、食育活動をおこなうことに対してより年密な打ち合わせが必要となりました。

 

保育士さんにお願いしたいこと

今、保育園では子どもたちにマスク着用の義務はありませんが、食育活動(特にクッキング)の時は「マスク着用」を必ず指導していただきたいです。

 

食のお話や、本の読み聞かせなど、大人が一方的に話す活動の時はこの限りではありませんが、「野菜の下処理」「おやつ作り」など、食材に触れる活動をおこなう場合は、通常の衛生管理として「マスクの着用は必要」であるからです。

不特定多数が口にする食材に子どもたちの「唾液」が混入するリスクは少しでも減らしたいと思うからです。これは、私たち給食職員が日常でも行っている「基本的な衛生管理」であり、感染症とは関係なく行っていることです。

 

クッキング活動をおこなうときには、三角巾やエプロンをつけます。

なのに残念ながら、保育士によっては「食材を扱うときにはマスク着用」という概念がない方も見受けられます。でも、「食育活動にマスク」は本当に基本的なことですので、

食材に触れる活動をおこなうときは、「マスクを持参する指導」はおこなっていただきたいと感じます。

 

さいごに

食育活動は、その性質上どうしても「密になったり」「子ども同士がお話したり」ということは避けることができません。ですので、保育園側も保護者さんもそれを充分に理解していただきたいと思います。

 

クッキングすることだけが食育ではありませんが、私たち給食職員がたまに保育室にお邪魔をすると物珍しいのか、子どもたちは私たちとたくさんお話をしようとします(笑)保育室に給食職員が行くことだけで子どもたちのテンションはかなり上がってしまうので、「静かに」「話さない」ということが難しくなってしまいます💦

 

ですので、それをも見越しての活動をおこなうためにも、「安全に食育活動をおこなうためにもまずはマスク着用」はお願いしたい今日この頃なのです。