保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

保育園のベランダ菜園もそろそろ終盤 いろいろな夏野菜を育てました

保育園では、5月末に野菜を植えて3か月ほど経ちました。

www.hoikuenchouri.work

 

夏もそろそろ終わろうかというこの時期に合わせるかのように、園のプランター夏野菜菜園も終わりが見えてきました。

 

今回は、各年齢ごとで育てた野菜の紹介と簡単な成果、どのようにして調理したかなどをご紹介したいと思います。

 

 

キュウリ(1歳児)

西日がきつい1歳児クラスでは、グリーンカーテンも兼ねてキュウリを育てていました。

 

今年の夏は、梅雨の長雨からの酷暑だったこともあってなのかキュウリは3~4本くらいしか収穫できませんでした。

 

1本1本の大きさも大きくなりすぎないように収穫してくれていたため、12~13㎝くらいのものばかりでしたが、実が続けてなることはなかったです。

 

余談ですが、1歳児クラスではキュウリの横で同じくグリーンカーテンとしてアサガオも植えていました。こちらのアサガオは2階のベランダ手すりまで伸び、素晴らしい成長を遂げました。

そしていつの間にかゴーヤまで育てていました。

f:id:metarumama:20200829150904j:plain

写真だとわかりづらいですが、5㎝ほどの小さなゴーヤです。

 

調理

給食の和え物やサラダに入れました。

1回の収穫数は少なかったので、スライスして使用し、全員の子の口に入るように切り分けました。

 

ナス(2歳児)

f:id:metarumama:20200828223513j:plain

初収穫まで比較的早かったです。あっという間に苗も大きくなり、1週間に3本くらいのペースで収穫できていました。

かなり小ぶりでしたが、ヘタには「新鮮な証拠」でもある棘がしっかりとあり、子どもたちに「ナスには棘がある」というお話もしました。

 

調理

給食の献立に「夏野菜カレー」「鶏肉のトマト煮」などもありましたので、収穫したナスも使って作りました。

さいの目に切ってみそ汁に入れたこともありました。

 

2歳児クラスの子は特に「ナス嫌い」が目立ったため、あえて「ナスのソテー」をプラス1品作って食べてもらったこともありました。

 

普段はナス嫌いの子どもたちでしたが、「自分たちで育てたナス」だったこともあってなのか、ナスを自ら口に運ぶ子も多く、お代わりまで要求する子もいて、担任保育士も驚いていたことが印象的でした。

 

 

ミニトマト(2歳児)

ミニトマトにも育てていたのですが、苗自体があまり強くなかったのかこちらの収穫はいまいちでした。

 

それでも数回ほど収穫したミニトマトを給食室まで持ってきてくれたのですが、1~2個であることが多く、クラスの子全員の口に入るように切り分けることがなかなか難しかったです。

 

ミニトマト(3歳児)

f:id:metarumama:20200828223337j:plain

種から育てていたためか、初収穫までに時間がかかったクラスでした。

ですが、8月の後半くらいから毎日のように収穫ができ、1回あたりの収穫量も30個~と多く、今現在一番勢いがあるトマトです(笑)

 

担任保育士によると、もともと元気のない苗だったようで、苗の植え替えや土の量を増やしたりと工夫した結果、多くの実をつけるようになったとのことでした。

 

調理

ミニトマトですので、きれいに洗って給食やおやつの時に一緒に出して子どもたちに食べてもらっています。

一度にたくさん収穫できますので、よそのクラスにおすそ分けをしたり、私たち給食職員にもおすそ分けをしてくれたりもします。

 

「私たちが育てたトマトをどうぞ!!」という感じです。

 

ピーマン(4歳児)

f:id:metarumama:20200829065617j:plain

夕方に撮った写真ですので、西日がきつかったです(笑)

4歳児は、よく見る緑のピーマン、オレンジ色に育つ品種スイートペッパー、赤色に育つフルーピーレッドの3種類のピーマンを育てました。

 

よく見かける緑のピーマンは、早いうちから収穫できました。苗から育てていたこともあってか、あっという間に花をつけ、あっという間に小さな実をつけていたことが印象的でした。

 

オレンジのスイートペッパーは、緑色の実がなるものの、なかなかオレンジ色にならず、苗を間違えてないか???とまで思われていました(笑)

 

ところが、8月の猛暑時期を境にオレンジ色のピーマンが量産され始めました。

そして現在も収穫間近の実が鈴なり状態です(笑)

 

赤色のフルーピーレッドは、この夏4~5個ほどの収穫でした。実の大きさも小ぶりなパプリカくらいはありましたので、個数はそれほど取れなかったようです。

 

調理

ピーマンは色々なおかずに使うことができました。

カレーはもちろん、トマト煮、みそ炒め、スパゲッティ、焼きそば…などなど。

時には、塩昆布とともにごま油で炒めておまけの1品として提供した日もありました。

 

ミディトマト・マイクロトマト(4歳児)

f:id:metarumama:20200829082525j:plain

4歳児はトマトも2種類作っていました。
ミディトマトは8月の後半に収穫量が増えたものの、全体的にはそれほどの量ではありませんでした。

 

しかし、マイクロトマトはかなりの量が収穫できたのです。

↓こちらは本日収穫分です。1回にこのくらいは収穫できます。

ちなみに、小さいほうがマイクロトマトで、大きいのはミニトマトです。

f:id:metarumama:20200829145128j:plain

一粒一粒はとっても小さなトマトですが、味は濃いです。昔ながらのTHEトマトという感じの味で、酸味がけっこう強かったです。

 

調理 

マイクロトマトは調理のしようがありませんので、きれいに洗ってサラダにします。

ちなみに今日取れた分は、マヨサラダとして提供しました。

f:id:metarumama:20200829145635j:plain

今日採ったトマトも入っているから、探して食べてね。

と、給食の時に出しました。

 

稲(4歳児)

こちらはまだ生長途中です。

f:id:metarumama:20200829150149j:plain

一見、枯れかけてる?と思ってしまいましたが、これでも元気そうなのです。

その証拠に、

f:id:metarumama:20200829150306j:plain

稲穂がつき始めています。(風が強くて少しぶれてしまいました。)

黄金色になるまでもう少しかかりそうですね。

 

 

オクラ(5歳児)

オクラもこの夏いくつか採ることができました。

オクラって上に向かって実になるんですね。

f:id:metarumama:20200829151634j:plain

下に向かってぶら下がるような形でなるものだと思い込んでいたので、びっくりしてしまいました(;^_^A

そして、↓こちらはオクラの花です。

f:id:metarumama:20200829151934j:plain

ハイビスカスとパンジーを足して2で割ったような可愛い花です。

 

1本だけ茶色のオクラがありました。

f:id:metarumama:20200829153544j:plain

オクラは1本だけ残しておいてカラカラになった実から種をとって来年また植えられるように保存するそうです。

 

ミディトマト(5歳児)

実際のミディトマトから種を取り出し、種から育てていたトマトです。

f:id:metarumama:20200829155149j:plain

一応ミディトマトでしたが、多くはミニトマトサイズでの収穫でした。

それでも、園児の人数分以上の苗を育てることができたので、収穫量はかなりありました。

 

サツマイモ(5歳児) 

こちらもプランター栽培です。

農家さんから分けてもらったツルから育て始めました。

f:id:metarumama:20200829161607j:plain

今年の暑さで葉っぱにダメージがあります。

枯れてはいませんが、さつまいもの生育にどのような影響があるのか少し心配です。

 

 

さいごに

今回、保育園で育てていた野菜はほとんどが『夏野菜』であったため、間もなくシーズンが終わろうとしてい。

この夏は、各クラスで収穫した野菜が毎日のように給食室に届きました。

夏野菜は、様々な料理に使うことができますので使い勝手が良いですね。子どもたちが収穫してくれた野菜の使い道に困ることはありませんでした。

 

あと残すところは秋の実り、稲とサツマイモです。

どのくらいの量が収穫できるかはわかりませんが、収穫できたころにまた記事を書くことができたら良いなと思っているおやっさんなのです。