保育園で給食を作っています!!

現役保育園調理師が簡単おやつやご飯の紹介はもちろん、子どもとできる食育活動の紹介もしています。

余った餅を使った「栗大福」を簡単に作ってみました!+おまけレシピつき

我が家にはお正月用に購入した餅がまだまだ残っています。私は餅が好きなので、毎日でも食べることができますが、子どもたちはそうもいきません。飽きてきているのでしょうね。積極的に食べたいとは言いません(;^_^A

 

と言う事で、餅を食事として食べることは諦め、おやつとして食べることにしました。

今回は、『餅を使った、簡単大福』のご紹介をします。

 

市販の餅であっという間にできる簡単大福!!

用意するもの(小さめ4個分)

大福の皮

  • 市販の餅  3個
  • 砂糖    24g

打ち粉

  • 片栗粉   適量

大福の中身

  • お好みのあん(今回はこしあん)40~50g
  • おせちに入れようと思ったけれど結局使用しなかった栗の甘露煮(笑)

中身はお好みで準備すると良いです。粒あんでも良いですし、下茹でしたサツマイモや、いちご、みかんなどもこしあんや粒あんとの相性が良いです!!

 

作り方 

①耐熱容器に水にくぐらせた餅を入れ、ラップをし600wの電子レンジで1~2分様子を見ながら加熱する。

 

②加熱した①に砂糖を入れ、しっかり混ぜ合わせる。 

 

③打ち粉に片栗粉を使用し、餅を丸く伸ばしていく。

 

④あんや、お好みの具を入れ、丸く包み込んで形を整えたら出来上がり!

 

出来上がりはこちらです!!

 

  • 大福の皮を伸ばして、あんなどの具をのせる時は、なるべく中心にのせ、たくさん食べたくても多くのせ過ぎないようにしましょう。包みづらくなってしまいます…。
  • 今回の大福は、求肥ではなく普通の餅を使用しているため、硬くなりやすいです。なるべく早く食べるようにしましょう。
  • 万一この大福が硬くなってしまったら、電子レンジで軽く温めなおすことで、柔らかさが復活します。(温め過ぎないようにしましょう。)
 

 

おまけレシピ!上新粉を使用した大福の皮も作ってみました   

用意するもの(約4個分)

  • 上新粉  50ℊ

  • 砂糖   20ℊ

  • 水    80ℊ

  • 片栗粉(打ち粉)  適量
  • お好みの中身(あんなど)

 

作り方

①耐熱皿に上新粉、砂糖、水を入れてダマがないように混ぜる。

 

②600Wの電子レンジに入れて1分ほど加熱して、混ぜる。

 

③生地がおもちのようになるまで、②を繰り返して(大体2~3回)固まってきたら、めん棒やすりこぎのようなもので餅つきのようにつく。

 

④③の生地が冷めてきたら、濡らした手でこねる。

 

⑤お好みの具(あんなど)を包んで出来上がり!!

さて、ここで問題です。このギョウザのような形の大福(?)は何が包まれているのでしょうか?

 

 

答えは・・・

「みかん」でした!!

フルーツ白玉のような感覚ですね。酸味のあるものとの相性もなかなかのものです。 

上新粉を使用して作るタイプの大福の皮は、もちっとする弾力はあるものの、餅っぽさというよりは団子に近い食感になります。ですが、時間がたっても硬くなりにくいというメリットもありますし、形成しやすい皮に仕上がります。